投稿

12月のカレンダー 表彰式 ⑯

イメージ
 美しい少女達。この写真を見た人達の第一声は誰でも、「ネパール人は美人ばっかり!」一方でNCFメンバーの中では、専属カメラマンの山岡さんは可愛い子ばかり撮っている!という声もありますが…。  彼女らが首にかけている折り紙のメダルは、廣瀬さんがお孫さんと一緒に日本で作ってくださったもので、100m走の勝者に贈られました。  夜の村人とのキャンプファイヤーにメダルが欲しいという子どもがやって来るというハプニングもあり、メダルは大好評でした。

11月のカレンダー 綱引き ⑮

イメージ
 1勝1敗から最後の勝負で逆連勝ちした赤組。高学年の女子も飛び上がって喜んでいます。川北さんの里子のリディマ・パハリも手をたたいて大喜びです。  綱引きは当初、偶数学年だけで行われましたが、応援だけの奇数学年にも加わってもらって全校生徒で最期を飾ろうと声をかけると、すごいはしゃぎようで奇数学年の生徒が参加しました。みんな満足そうな笑顔で表彰式を迎えられました。

10月のカレンダー 綱引き ⑭

イメージ
  最後の競技は綱引きです。歯を食いしばり懸命に引っ張る赤組の男の子の顔がいいですね。近藤さんの里子のサンジャ・パハリや藤原さんの里子のプレム・クンヲルの姿も見えます。  この縄引きの綱はネパールでは山車などを引くのに使われる綱で、先発隊が現地調達した商品です。校長先生から学校で保管し綱引きをしたいと申し出がありました。

9月のカレンダー 応援組3年生の里子 ⑬

イメージ
 少しはにかんだ様子ですが、向けられたカメラにバッチリ目線をくれた石田さんの里子のラシュマン・パハリ君。実は運動会の進行役だった石田さんは、全校生徒参加の最後の綱引きでほっぺたを膨らまして真剣に綱を引いている彼に引き付けられ、つい写真を撮っていたそうです。  翌日、里子の家を訪ねて初対面した里子が、あの時の彼だと知ってビックリ!縁とは不思議なものと報告書に綴っています。  

8月のカレンダー お菓子取り競争 ⑫

イメージ
 パン食い競争ならぬお菓子取り競争です。前夜のホテルの作業では、日本のお菓子をビニール袋に詰め結び、物干し紐に通した洗濯バサミで挟んて箱詰めしておきました。当日の紐持ち要員2人は生徒たちがスタートするごとに新しい洗濯紐を持出し用意します。  生徒達は手を後ろに組んで、必死にお菓子の袋をくわえようとしますが、なかなかうまくいきません。くわえたお菓子は運動会が終わるまで食べてはいけませんと伝わっていたのでしょうか? 

7月のカレンダー 赤組整列 ⑪

イメージ
 赤組整列!真剣な眼差しの女生徒。さぁ次の競技はなんだろう?ワクワクしながらも緊張感が伝わります。司会進行は元教師の石田さんと片山さん。通訳は旅行会社ノゾミトレック代表の高校生の息子さん。日本人のお母さんを持つだけあって流暢な日本語で、自身も日本の運動会を経験したことがあるので、安心して任せられます。要員はツアー参加者とHEENEPのメンバーとガイドのダスさん。  

6月のカレンダー 応援組1年生の女の子 ⑩

イメージ
  応援する上級生の中で、1年生の女の子は手持ちぶたさでカメラ目線です。「私の番はないのかな?」こんな顔を見せつけられると、「来年も必ず来て、また運動会やるからね!次はあなたの番よ」と声をかけたくなります。それなのにコロナ騒ぎで今年のツアーは中止です。2021年のネパールスタディツアーでは、第2回日本の運動会を是非成功させたいものです。