投稿

2月, 2019の投稿を表示しています

「2018年秋ネパール⋆スタディツアー」参加者・石田千恵子さんの投稿

イメージ
2018年秋ネパール⋆スタディツアーに参加された石田千恵子さんが「中野・杉並健康友の会」の新聞「健友」に投稿された記事を紹介します。「中野・杉並健康友の会」は社会医療法人社団健友会の地域組織です。病院、診療所が民医連に加盟している法人で、そこが地域の後援会として患者さんや支持者による「友の会」をつくり、健康教育など医療生協の組合員活動に似た活動をしています。石田さんは、その「友の会」の機関誌の編集委員をされているとのことです。
(小澤JUKU)


「2018年秋ネパール⋆スタディツアー」報告会

イメージ
2月14日(木)18:00からコーププラザで「2018年秋ネパール⋆スタディツアー」報告会が開催されました。当日は新会員の川北さんとパルシステムの横田さんが初参加され、総勢15名で楽しいひと時を過ごしました。 今回のツアー参加者は大学生や元教員、ネパール初体験の方が多く、新鮮な目で見たネパール報告となっています。 日本語の達者なHEE-NEP代表のウッタムさんが骨折したため、他のスタッフが英語を駆使して対応してくださったり、常連の通訳ダスさんの都合から、現地旅行会社の日本人担当者の息子さんに急遽通訳をお願いするなどアクシデントは多々ありましたが、それなりに功を奏した場面もあり、活動の輪がさらに広がったツアーとなりました。 詳しいツアー内容は出来上がった「報告書」を読んでいただくことで、さらに深めていきましょう。 また「2019年ネパール子ども基金カレンダー」の収支報告もあり、「秋には中古の服を里子にもっと持って行こう!」など発展的な発言で弾みました。(原田裕子)







「2018年秋ネパール⋆スタディツアー」報告会のお知らせ

イメージ
日時  2019年2月14日(木)18:00~20:30
会場  コーププラザ4階 第1小会議室 (東京都渋谷区渋谷3-29-8 )
参加費 1人1,000円(軽食と飲み物を用意します) 
昨年の11月に実施したネパール・スタディツアーには、女性3人と男性4人の計7人が参加しました。元気で笑顔の里子たちに今回も会い、HEENEPの準備した文具だけでなく、日本からの中古衣料やサッカーボールを手渡し、また折り紙での交流もして有意義で楽しい旅となりました。詳しくは作成中の同報告書で、参加者から紹介します。
 当日の感激を里親や関心を持つ方たちとも共有し、これからも継続してネパールの貧しい家庭の子ども達の就学支援につなげていきたいものです。(西村一郎)