NCF 規約


ネパール子ども基金規約

名称  この会は、ネパール子ども基金(Nepal Children Fund 略称:NCF)とする

目的  ネパールの NGO HEE-NEP(Healthy Education & Environment-Nepal)「健全な教育と 環境保護のための組織」
          の里親制度*1 を通じて、貧しい家庭の子どもたちの就学支援を行う。


活動 ① NCF は会員が納めた支援金をまとめて HEE-NEP に届ける。
   ② 募金および事業活動を行う。
   ③ ネパールの情報や HEE-NEP の活動を会員内外に発信し普及する。
   ④ その他必要な活動を行う。

会員  ➀ 里親会員   会の趣旨に賛同して入会し、会費・里子支援金*2 を納め里親として支援を行う会員。
    ② 運営支援会員 会の趣旨に賛同して入会し、会費・運営支援金*3 を納め、運営支援を行 う会員。

会費  ① NCF 会費は年額 500 円とする。
          ② 里子支援金は年額 11,000 円とする。
          ③ 運営支援金の額は里親支援金に準ずる。

組織  ① 総会を年 1 回開催する。 総会は、出席した会員と委任の合計が、会員の過半数により成立する。
          ② 支援活動を円滑に行うために運営委員会を設置する。
              運営委員の中から共同代表、事務局長、会計担当を選出する。

会計  ① この会の会計年度は 1 月 1 日~12 月 31 日とする。
          ② 会費・支援金の納付は毎年 10 月とし、支援金は HEE-NEP に届ける。
          ③ 会計年度途中で退会しても支援金と会費は返金しない。

制定    2018 年 10 月 30 日


【規約の注釈説明】

*1 里親制度    HEE-NEP の里親制度は、日本の有志グループを通じて支援金を集め、カトマンズ近郊 や周辺地で家庭の経
     済的事情で学校に行けない子ども達の就学を支援しています。
     NCF の活動目的に賛同して会費、里子支援金を納めた会員は、ネパールの貧しい家庭の子ども達を学校に通わせる支
     援者として、里親になっていただきます。
     HEE-NEP は現地の学校長と相談の上、貧困家庭の子どもを里子候補として選考します。
  里親会員には、NCF を通じて里子のプロフィールなどが届けられます。
     里親会員には可能な限り 12 年生卒業までの支援をお願いしています。
     ただし里親になってくださる方の希望によって支援期間を決めることもできますので、 その旨をお申し出ください。
     なお、里親になり、その後、里親を続けられなくなった場合は、他の方に里子を引き継 ぐ都合上、9 月までにお申し
     出ください。

*2 里子支援金の用途    HEE-NEP では支援金を里子への文具類、鞄(リュック)、靴、制服や防寒着などの支給 の費用に
     当てます。

*3 運営支援金の用途     運営支援金は HEE-NEP の運営の費用に当てます。



【2019 年度運営委員会の体制】   新規約にもとづき、会に運営委員会を設置します。
                                                        総会では、下記の会員を運営委員として確認しました。
 共同代表:西村一郎、亀山 薫 
 事務局長:原田裕子   
 運営委員:小澤重久、山岡満、須崎歌子 
 会        計:川池綾子・嶋まり子 






この「名誉証明書」は、2013年6月10日に、33名の里子たちが通うカブレ郡チョーバス村にあるShree Seti Devi Secondary Schoolからいただいたもので、校長先生やPTA会長さんたちのサインもあります。




コメント